■プラン名古屋の会 2022年活動成果

 久世新代表体制で始まり、名古屋の会結成30周年でもあった2022年。また、新型コロナ流行に惑わされた1年でもありましたが、メンバー,会員様のご協力で下記のイベントを企画、無事実行することができました。年末にあたり今年の活動成果を簡単にまとめました。

1⃣ 定例会:身近なテーマを掘り下げよう!~第1回~〔3月26日〕
  新たな活動としてスタートさせることができ、第1回は「美味しいコーヒー」と「木の家」をテーマに名古屋の会会員にお話しいただきました。第2回に乞うご期待!
2⃣ チャイルド訪問体験談&プラン職員との交流会〔5月28日〕
  川出様ご夫妻からボリビア,カンボジア等のチャイルド訪問の貴重な体験談を興味深く聞かせていただきました。また、プラン事務局の塚本職員からプランジャパンの現状をご報告いただき、事務局の考え方や方針を知る機会となりました。
3⃣ プラン名古屋の会結成30周年記念イベント〔8月27日〕
  30年にわたり名古屋の会を運営されてきた安藤・前代表による会の歩み、そして、プラン・ジャパンからは池上理事長にもご講演いただきました。フリートークでは、支援者の生の声をお届けし支援者と事務局の距離も縮まったのではないでしょうか。また、池上理事長のバイタリティには皆驚きでした。
4⃣ ワールドコラボフェスタ2022への参加〔10月23日〕
  3年ぶりの実地開催に名古屋の会もブース出展し、プラン・インターナショナルの活動を多くの方に情報提供することができました。他のブースの方々とも交流でき、お互いの刺激になりました。さらに、今年はブースでの物品販売も試み、好評を得ました。

2022年の活動

2023年はプラン・インターナショナル・ジャパン設立40周年にあたり、全国の支援者も参加できるイベントが予定されています。新たに31年目を迎える名古屋の会もそのトップランナーとして、さらなる飛躍につなげたいと思います。

■2022年プラン名古屋の会 忘年会

2022年12月4日(日)、マリアージュさんのご協力のもと忘年会を開催しました。久世代表体制になって1年が過ぎ、新型コロナ禍のなかでもしっかり感染対策をとりながら各種イベントを企画開催してきました。そんな1年を振り返り、またお互いの情報交換も交えながら楽しい時間を過ごすことができました。美味しい料理を提供してくださったマリアージュさん、飲み物を準備くださった牧田さん、そして幹事の神戸夫妻に感謝です。
来年も良い年になりますように、いや良い年にしていくように頑張りましょう。

集合写真(撮影時のみマスクを外しています)と料理,飲み物の一部

■ワールド・コラボ・フェスタ2022 にブース出展

 ワールド・コラボ・フェスタは、愛知県国際交流協会,JICA中部,なごや国際交流団体協議会が主催する中部地域最大級の「国際交流・国際協力・多文化共生・SDGs」推進イベント。2020年,21年はWEB開催でしたが、今年は3年ぶりに名古屋市のオアシス21・銀河の広場で10月22日(土),23日(日)にて実地開催され、両日で約64,000人の来場者がありました。わたしたちプラン名古屋の会も23日にブース出展し、プラン・インターナショナルの活動を多くの来訪者にお話し情報提供することができました。特に、若い方からの質問も多く関心の高さがうかがわれました。また、他のブースの方々とも交流でき、お互いの刺激になったと思います。さらに、今年は木材の捨てられる端材を活用した商品(SDGsの取組みとしてのアップサイクルブランド)の物品販売も試み、好評を得ました。

プラン名古屋の会のブース
会場運営メンバー+駆けつけてくださったプランジャパンの塚本職員(撮影時のみマスクを外しています)
このほかの運営協力メンバーの方もありがとうございました
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 187371815463199bff6c80e-723x1024.jpg
ワールド・コラボ・フェスタ2022のパンフレット

■「プラン名古屋の会」結成30周年の会 開催

2022年6月で結成30周年を迎えたプラン名古屋の会の記念イベントとして、前代表・安藤顧問による30年の歩みと、プラン・インターナショナル・ジャパンの池上理事長,塚本職員による講演会を開催しました。総勢38名と多くの方々にご参加いただき、盛況のうちに終えることができました。以下に概要について紹介します。
**************************************
   日 時:2022年8月27日(土)  10時~13時
   会 場:なごや人権啓発センター ソレイユプラザなごや12F 研修室

Ⅰ)プラン名古屋の会30年の歩み〔安藤顧問(前代表)〕40分 

 1992年6月6日の結成の日から30年にわたる活動成果をなつかしい写真や新聞記事を織り交ぜて紹介され、岐阜,京都などほかのプラン支援者の会との交流も盛んであった頃の会員の方からも当時の思い出スピーチを頂きました。また、東京事務局との交流や地元地域との交流会、そして安藤顧問提案による初めての「全国支援者の会」の開催も大きな成果のひとつでした。全体を通じて、安藤顧問の思いである「会員が主人公」「支援者間のつながり、支援者と事務局とのつながり」という横の拡がりに重きを置かれた活動であったことがみなさんに伝わったと思います。
これまでの活動詳細は、本ホームページの「プラン名古屋の会の紹介」「これまでの活動」および旧ホームページ(http://plan-nagoya.sakura.ne.jp/ )からご覧になれます。 

安藤顧問による講演

Ⅱ)プラン名古屋の会30周年の会記念講演〔池上理事長・塚本職員〕40分

 名古屋の会30周年お祝いのあいさつの後、以下の5項目につきご説明いただきました。 
   1⃣ プラン・ジャパン40周年記念事業の進捗:前半(2023/3~5月)は支援者謝意イベント、
     後半(6~10月)は広く世間一般に向けた「ジェンダーのプラン」の認知拡大活動を計画
   2⃣ 新しい基本戦略:2027年に向けた5ヶ年計画として、新たに「社会変革のムーブメント
     をリードするNGO」を目標として打ち出す
   3⃣ 活動の柱(塚本職員から説明):プランが活動するに必要なリソース(寄付)の種類 
   4⃣ グアテマラの子どもたち:8月に理事長が現地視察に訪れた際の状況,感想を紹介。
     農業起業での若者の収入向上支援事業とチャイルドたちの小学校を視察され、
     プラン活動の有用性とともに課題(特に農業支援面)も実感されたとのこと。
     現地の子どもたちの笑顔や若者の真剣なまなざしが印象的でした。
   5⃣ウクライナ支援の状況:プランとして、国外避難された子どもたちへの心理社会的ケア,
     暴力・犯罪からの保護,緊急下の教育を支援

池上理事長による講演
聞き入る参加者                     塚本職員による説明風景

Ⅲ)参加者間の交流会(フリートーク)〔全員〕40分 

 ランダムに4つのグループに分かれてフリートーク。理事長や事務局職員と直接お話ができ、お互いに生の声を聞くことができた貴重な時間となりました。また、今回初めて参加された方もみえ、プランの組織(しくみ),チャイルドへのお手紙の書き方のヒントや送付方法(特にコロナ禍で変更になったため)なども参加者間での情報交換ができたかと思います。さらには名古屋の会へのご要望もいただき、今後の活動に活かしていきたいと考えます。フリートーク風景は下記スライドショー。

最後に集合写真(撮影時のみマスクを外しています)

なお、池上理事長のお人柄,見識の広さ,フットワークの良さ、そしてそのバイタリティに驚かされた方も多かったと思います。

追記)参加者からのご感想

◎森田健一さん(プラン名古屋の会メンバー)からの投稿 ~2022年9月27日~
 プランインターナショナルの活動で思うこと
 私がプランの支援者になったのはもう20数年前になります。その当時はフォスタープランという名称でした。プランの新聞広告で、おそらくアフリカだったと思いますが、遠い井戸からの水くみで一日が終わる子供がいるという内容でした。アフリカは日本と比べれば社会資本が十分ではないことは知ってはいたものの、子どものリアルな日常生活でそれを知らされていささかショックを受けました。その時、私は家庭を持ち、小学生の子供もいてわが身わが子を振り返り、何か援助できないかなと思いました。支援のお金が直接わたるのではなく、チャイルドの地域の改善に使われるというプランのやり方に賛同しました。チャイルドを訪問できるというシステムがあるので、登山を始めていた私はネパールのチャイルドを支援することに決めました。現在二人目となります。
 ただ、私はチャイルドの訪問どころか手紙を送ることもほとんどなく、チャイルドからの手紙を見返して申し訳ないなと思うことがしばしばありました。何年か経過して、名古屋の会のお手紙書きの集いがあることを知り、思い切って参加して手紙を出すことができました。そこに参加された皆さんが集まっていろいろなお話をしながら楽しそうに手紙を書いていると感じました。
 私は、支援金を送ることにより現地に援助が届けられるシステムが出来上がっているので、集まりに参加せずともプランの活動に加わっていると思っていました。そう思いながらも、お手紙書きの集まり以降、安藤さんのチャイルド訪問報告、全国支援者の会などに参加するようになりました。参加することにより何かが得られると思ったかもしれません。そこに参加する方々を少しずつ知ることにより、プランとは違う活動もしている方、私が全く知らない知識をお持ちの方などがいらっしゃることに気づきました。
 先日のプラン名古屋の会設立30周年の集いで、池上理事長と少しだけお話しする時間がありました。私は会社勤めがほぼ終わり、自由な時間を手に入れてさてどうしようかと思案していたところでしたので、長崎大学で教鞭をとられている理事長に「大学の公開講座などに行こうかと思っています。」と言ったところ、「是非、社会の課題を解決する活動をしてください。」と言われました。プランの活動は社会の課題を解決する活動ではあるのですが、世の中に山積している課題にも目をむけてほしいという理事長の希望と受け取りました。
 そうなると、一人では何かできるわけではなくいろいろな知識見識を持っている方々の集まるプラン名古屋の会のようなチームで取り組むことが大事ではないかと考えました。また、プラン名古屋の会に参加されている方々は、意識が高いのではないかと思います。私を除いて。
 久世代表には、自分では気づかない様々な課題をプランの集いで掘り下げるような企画をお願いしたいと、30周年の集いの感想としてまとめました。

■チャイルド訪問体験談&プラン職員との交流会

プラン名古屋の会では、チャイルド現地訪問された方の体験談を聞かせていただく機会を設けています。今回は川出様ご夫妻から貴重かつ興味深い体験談をお話いただきました。また、プラン事務局(東京)からは塚本職員をお迎えして最近のプランの取り組みについて直接聞くことができました。コロナ対策をとった上で、31名と多くの方にご参加いただき盛況のうちに終えることができました。以下に概要について紹介します。
**************************************  
  日時 :2022年5月28日(土)  13:00~16:00
  会場 :なごや人権啓発センター ソレイユプラザなごや12F 研修室
Ⅰ)チャイルド訪問体験談〔川出様ご夫妻〕50分 
 1996年から2019年にかけてボリビア,ケニア,パラグアイ,カンボジア(2回)と多くの国々のチャイルドを訪問された体験談を説明資料のほかにも現地写真集と現地からの贈り物、帰国後にラジオ出演された際の録音テープも持参され、拝見拝聴させていただくことで、チャイルド宅や学校での生活の様子、またご夫妻への歓迎ぶりが伝わってきました。食事面では困ったこともあったようですが……。

左;説明者の川出様ご夫妻  中;説明風景  右;写真集や現地贈りものに見入る参加者

Ⅱ)プラン事務局職員との交流会〔塚本様〕50分
 下記4点の取り組みについてご報告いただきました。
 1⃣ プラン・ジャパン40周年記念事業:計画の真っ最中でイベントや支援者参画パターンを検討中
 2⃣ ウクライナ避難民支援:国外避難された子どもたちへのメンタルケア,教育などを支援
 3⃣ プラン・ラウンジ:時の話題,活動現地からの報告など年10回開催中(最近はONLINE開催)
 4⃣ コミュニティ訪問とスタディ・ツアー:現在はコロナで実施できていませんが、再開が待たれる
以上、それぞれの取り組みを直にお聞きすることで、プラン事務局の活動内容がよく伝わり理解が深まったと思います。

報告に聞き入る参加者

Ⅲ)フリートーク〔全員〕50分 
今回初めて参加された方もおり、4つのグループに分かれて自己紹介、プラン加入のきっかけやチャイルドとの交流などさまざまな話題、また名古屋の会への要望など忌憚ない意見も出され、時間を忘れて盛り上がりました。支援者間、さらに事務局と支援者のつながりもより強くなったかと思います。

4つのグループに分かれてフリートーク

〔お知らせ〕プラン名古屋の会結成30周年を記念して8月27日(土)10時からソレイユプラザなごやにおいて、プラン・インターナショナル・ジャパンの池上理事長をお迎えし講演を行っていただく予定です。詳細は追って連絡させていただきますが、ぜひご参加のほどよろしくお願いいたします。

■「定例会:身近なテーマを掘り下げよう!」第1回開催

名古屋の会の新たな活動として「身近なテーマを掘り下げよう!」と題し、皆さんが気になる、興味あるテーマを取り上げていく場を設け、今回はその第1回として、下記テーマにて開催しました[2022年3月26日 in イーブルなごや]。(なお、予定テーマ「新型コロナ」については都合により中止)
内容について簡単に紹介します。
テーマ①:美味しいコーヒー〔説明者;牧田さん〕 
 コーヒーの基礎知識として、コーヒーベルトと呼ばれるコーヒー豆の産出国(いずれもプラン活動国だそうです)、銘柄とその特徴・味の違い、実(種子)からコーヒーとなるまでの工程とその種類などをビデオも使いながら紹介され、プロ級の美味しい淹れ方,楽しみ方をお話いただきました。

説明風景と説明者の牧田さん

テーマ②:木の家〔説明者;安藤さん〕 
 失われつつ森林の問題(林業従事者が街に移動しスラム街が増加する例もある)や木造住宅を建てるのに必要な森林面積(例えば30坪の家には森林300坪が必要)、そしてご自身が行っている端材の活用など、長年携わってこられた「木」のお仕事から得られた知識・見解をお話しいただきました。フローリングと水虫の話も興味深いものでした。

説明風景と説明者の安藤さん

定例会後の親睦〔自由参加〕
 今回は新たなメンバーや神奈川県からの参加もあり、軽食をとりながら近況や趣味の話などお互いの親睦を深めることができました。

■プラン名古屋の会新体制での第1回ミーティング

12月12日、新体制発足後、1回目のミーティングを開催し、今後の活動案と会の運営にあたっての合意事項について話し合いました。
<今後の活動案>
 1)現地チャイルド訪問者の報告会
     関係者のご都合を確認の上、3月上旬目標で開催を計画
  2)プラン名古屋の会設立30周年イベント(2022年)
     次回以降に会員の声を聴きながら計画
 3)プラン・ジャパン設立40周年イベント(2023年)
     プラン事務局の方針を待ち対応
 4)その他
     バザー開催案もあり、今後可能性を検討
<会運営にあたって>
 1)今後のミーティング会場
     JICA中部センター(名古屋市中村区)3Fの市民活動ルームを候補の一つとする
             ・・・・ミーティング後に見学しました 
     今後も候補があれば提案していく
 2)SNS関連の管理
     HP,facebook,LINEの運用,管理者と送付先の明確化
 3)運営費
     自主運営(事務局の支援はありません)のため、今後の収入源を検討していく
       例えば、バザー開催など
<その他>
 プランへの思い,活動への考えを確かめ合い、私たちの思いは垣根を越えた「良き出会いの場作り」という共通認識を改めて持つことができました。また、プラン事務局との交流の場も今後設けていきたい、との考えも一致しました。

■『ワールド・コラボ・フェスタ2020』Web開催への出展参加

 2020年12月12日~2021年1月11日に開催された『ワールド・コラボ・フェスタ2020』にプラン名古屋の会もWeb出展し、多くの方々に訪問(アクセス)していただき、プラン・インターナショナルの活動やプラン名古屋の会についてアピールすることができました。プラン名古屋の会のブースは、一般ブース参加19団体の中でもトップクラスの訪問者数でした。
 ブース作成にあたっては、10月初め頃より神戸さんが中心となり、幾度かの打合せやオンラインでのやり取りを重ね、またプラン事務局のご協力も得ながら完成度をあげてきました。コロナ禍での活動ではありましたが、これまでとは違った経験もでき、大きな成果を残すことができたと思います。

プラン名古屋の会のブース資料,YouTubeは下記からアクセスできます。
 こちらから→プラン名古屋の会 ワールドコラボフェスタ2020 
  なお、資料については下記からもアクセスできます。
    ▶「プラン・インターナショナルとは」→ こちら
    ▶「プラン・サポートシップの支援者になって出来る事」→ こちら
    ▶「プラン名古屋の会ってどんな会?」→ こちら

■チャイルド訪問体験談とお手紙書き会 →3/1中止決定

3月1日、新型コロナウィルスの感染予防のため中止を決定

今回はお手紙書き会と、川出さんによるチャイルド訪問の貴重な経験談を紹介していただきます。
ぜひご参加ください。
【日時】2020年3月14日 13時~16時30分
【内容】13時~14時:川出さんのチャイルド訪問体験談
    14時~16時30分:お手紙書き会
【場所】イーブルなごや生活科学研究室
      名古屋市中区大井町7-25
      https://e-able-nagoya.jp/tours/access/
【会費】500円(当日集金)
【準備いただくもの】お手紙書きの筆記用具
    切手,封筒,贈り物(あれば)も持参頂けるとそのまま事務局へ送付できますね。
【申込先・連絡先】e-mail:info@plan-nagoya.sakura.ne.jp
         メールまたは安藤携帯(090-8076-2278)でお申し込みください。
【その他】
   体験談視聴のみでも可。
   お菓子の差し入れ大歓迎。
   お子さん同伴もOKです。
   なお、終了後に懇親会(場所未定)を行いたいと思いますので、こちらもご参加
   頂ければと思います(ご希望の方は合わせてご連絡ください)。

■2020プラン名古屋の会 新年会

2020新年会が名古屋のCafe Mariage(カフェ マリアージュ)で行われました。横浜,高山,静岡と遠方からの方も参加され、和やかな雰囲気のなかでプランの輪がさらに広がりました。
横浜,高山,静岡からの皆さんには、地元の活動状況などをご紹介いただきました。

ほろ酔い加減で集合写真

■2019ワールド・コラボ・フェスタ →開催中止

10月12,13日のワールド・コラボ・フェスタは台風19号接近のため開催中止

9月21日、グローカルカフェ@名駅にて
10月12日13日(土日)のワールドコラボフェスタの出展準備会を実施
<決定内容>
今回はテーマを「遠い国の女の子の未来のために」とします。事務局が国際ガールズデーに掲げているものを共有します。
今回はプランの説明だけでなく、自分のフォスターチャイルド、または関わっているプロジェクトの話をしてもらうことになります。プランのアピールできるポイントがフォスターチャイルドという援助対象者が明確であること、来場者に具体的な途上国に住む子どもさんをイメージしてもらうために考えました。
そして話を聞いてくれた来場者に、フォスターチャイルドへ応援メッセージのようなものを模造紙に寄せ書きしてもらいます。
お手伝いのみなさんはご自分のフォスターチャイルドの写真,資料などを持参ください。
ちょっと緊張もしますが、是非自分とプランとの関わりを来場者にお話してみませんか?
ブースでは、どなたにでもお手伝いとして参加していただけます。参加時間は自由です。

参加希望などは
プラン名古屋 安藤代表
(090 8076 2278)へお願いします。みなさんのご参加をお待ちしております!

■8月定例会開催

≪議事内容≫ 
・全国支援者の会開催での収支報告〔安藤さん〕
・6/1プラン全国支援者の会を写真とスライドで報告〔加藤〕
・8/3東京事務局訪問の報告   〔神戸さん〕
・三重の会発足、8/17四日市博物館見学の報告〔伊藤さん、山口さん〕
・HPをリニューアルの検討 〔小松さん・加藤〕
・10/12,13ワールド・コラボ・フェスタの出展についての案出しと進め方  〔全員〕

■プラン全国支援者の会開催

2019年6月1日(土)、イーブルなごやにて開催されました。プラン全国支援者の会は、プラン名古屋の会の安藤代表の発案で、初めての試みです。半年にかけプラン名古屋の会メンバーで話し合いを行い、当日の準備,運営を一致協力して行ったことで、成功裡に終えることができました。

当日は、沖縄,九州,四国,北陸,中部,関東地方まで総勢50名の支援者の方々と、ジャパン事務局からは池上理事長,棚田専務理事,楠職員,北山さんにもご参加いただきました。支援者間、および支援者と事務局との忌憚ない意見交換を行うことができました。

午後の部終了後の集合写真

<午前の部>
  1.開会の挨拶
  2.フリートークⅠ 
     ランダムに5つのグループに分かれ、自己紹介と意見交換
  3.フリートークⅡ
     下記テーマごとに再び5つのグループに分かれ、自己紹介と意見交換
       プラン歴5年以上/同5年未満/プランとの関わり/プランへの要望/未加入者
**** 昼食・休憩 ****

<午後の部>
  1. しおり作り 〔プラン千葉の会:田村さんのご指導〕
  2.プラン東京事務局の方からのご挨拶
     池上理事長/棚田専務理事/楠さん/北山さん
  3.各会代表のご挨拶
     プラン美ら海の会:伊佐さん/プラン博多の会:松尾さん/プラン群馬の会:星野さん/
     プラン東京の会:関さん/プラン千葉の会/田村さん
  4.活動プレゼンテーション
     保木さんのチャイルド交流/成瀬さんの東京マラソンチャリティーランナーとしての支援
  5.地域別の参加者自己紹介
  6.事務局タイム(質疑応答,要望)
  7.閉会の挨拶
**** 懇親会 ****
                ※詳細内容,議事録は旧HP(これまでの活動状況)を参照ください。
         当日の様子をスライドショーで紹介します